トラスティーズ・コンサルティングLLP_事業内容【バリュエーション】

トラスティーズ/事業内容

バリュエーション

当事者間の価格合意形成のために必要な普通株式の評価、営業権、コンテンツなどの評価を行なっております。

当事務所では、当事者間の価格合意形成のために必要な普通株式の評価、営業権、コンテンツなどの評価を行なっています。普通株式の評価方法は主にディスカウント・キャッシュ・フロー(DCF法)、収益還元評価法、類似公開株式評価法、類似企業評価法、類似取引評価法、純資産評価法から、同族間で利用される国税庁方式(純資産評価法、類似業種比準評価法、併用方式)まで実状に合わせた評価を行ないます。

また、種類株式や新株予約権、MSCB、ストック・オプションなどについては、オプション・モデル(二項モデルやブラック・ショールズ・モデル、モンテカルロ・シミュレーションなど)を採用して評価を行ないます。特にストック・オプションについては会社法の観点と会計基準の観点が異なるためそれぞれにおいての評価を行ないます。
価値評価を同時に行なうことはできませんが、会計・税務上の観点から必要な検討を加えた上での組成のアドバイスも行なっています。

現物出資などの手続きに必要な財産価格証明も行なっています。 近年は訴訟案件での意見書や評価書の作成業務も行っております。

このページのトップへ